2021年04月18日

マカオのジャンケットビジネスは潰れない、 ウィンの売上高は昨年の30%に戻る

casino

ウィンリゾーツのマット・マドックスCEOは、先月の同社のマカオの回復に対するジャンケット事業の影響を「非常に現実的」であり、売上げはコロナウイルス流行以前の30%の水準に戻っていると明らかにした。Inside Asian Gamingが伝えた。

マドックス氏は、中国本土による最近の地下銀行チャネルの取り締まりにより、ジャンケット事業が潰れかかっているとの指摘を否定し、マカオ時間で6日の朝に行われた同社の20年第3四半期決算でアナリストに対し、10月までの取引量は予想以上に好調と述べた。

マドックス氏は「10月の収益の観点から見ると、テーブルゲーム側ではコロナウイルス以前の40%の大きな落ち込みがあり、ジャンケット側では、コロナ以前のレベルと比較して25%から30%の売上高でした。」と述べ、ウィンマカオはこの1カ月でEBITDAがプラスに戻ったと指摘した。

「明らかにジャンケット業界は変化しており、以前よりも小さくなるでしょうが、まだ非常に現実的です。一部の人が言うように、このビジネスは死んだわけではありません。業界は今後も大規模な事業者に統合されていくでしょうし、私たちはそれに参加していきます。」

ウィンは10月に約600万米ドルのEBITDAを記録したが、中国本土での個別訪問スキームの再開に伴い、8月には4000万ドルのEBITDA損失を計上したばかりだった。

同様に、顧客数も増加を続けており、11月2日から4日までの間にウィンパレスには1日あたり約6000人の訪問者が訪れた。コロナ以前では1日あたりの訪問者数は約1万8000人だった。コタイは第3四半期の営業収益がわずか1570万ドルと、マカオ半島にある姉妹施設の3分の1以下にとどまった。

マドックス氏はまた、次のように語った。
「私たちはマカオのプレミアムセグメントで見られるものは非常に良いと感じていますし、マカオでのパンデミックへの対応についても楽観的です。一歩進んで一歩下がるという感じではなく、非常に慎重に、思慮深いアプローチで、市場は今後も良くなっていくと感じています。どのようなペースでかはわかりませんが、全体的なムードと軌道はかなり良いです。」

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。