2021年01月22日

LoLで2020年にリリースされた6人のチャンピオンをランキング!

LoL

Riot Gmaesは2020年は新たに6人のチャンピオンをリリースした。この記事ではリーグの2020年チャンピオンのランキングをご紹介する。

いくつかは成功を収め、プロのプレイで多くの活躍を見せたが、他のものは特別なバランスを必要とし、論争を巻き起こした。6人のチャンピオン、セト(Sett)、リリア(Lilia)、ヨネ(Yone)、サミーラ(Samira)、セラフィーン(Seraphine)、レル(Rell)をランキングする際には、3つのことを考慮に入れた。

・ゲームプレイ:チャンピオンの能力キットはユニークで創造性に富んでいるか?MOBAに新しい何かを提供しているか?
・デザイン:チャンプの外見、伝承、バイオはユニークで創造性に富んでいるか?ルーンテラに新しい何かを提供しているか?
・メタ:メタにおけるチャンプの位置は?バランスを取るために複数のパッチを必要としたか?プロプレイでの存在感はあるか?

第6位:セラフィーン(Seraphine)

seraphine
ポップスターのツイッターでのマーケティングの問題、物議を醸した彼女の伝承がすぐに修正されたこと、あるいは「Sona 2.0」への不満など、セラフィーンの出だしは荒れていた。

リーグのファンは、セラフィーンが彼女の不安についてツイッターでつぶやき始めた後、アカウントを気にしていた。このマーケティング手法は不評で、ゴールデン・ガーディアンズ・アカデミーのヘッドコーチであるバレント “レイズルプラスム”・モハメド氏は、”自己不信とメンタルヘルスを利用したマーケティングアカウントとして非難した。

彼女の能力キットが10月に明らかにされた後、ファンはすぐに彼女をソナ(Sona)に例えた。彼女のサラウンドサウンド(W)能力は、近くにいる味方をシールドして移動速度を与え、セラフィーンがシールドされている場合は味方のヘルスを回復させる。これはソナのWとEを一つのスキルに融合させたものだと言えるだろう。ソナのクレッシェンドと似たようなヒットボックスで敵を魅了するセラフィーンのアルティメットと組み合わせれば、間違いなく似たようなものがあるだろう。

しかし、リーグチャンピオンのプロデューサーRyan “Reav3” Mirelesは、彼女は「非常にスキルショットに依存したチャンプ」であり、呪文を再キャストできるパッシブのおかげで「ユニーク」だと感じていると主張している。

Starry-Ey-Eed Songstressは、Riftでのデビューは、特に彼女のチャンピオンスポットライトのビデオがユーチューブで11万以上の「よくないね」を集めたことで、揺らいでいたかもしれない。しかし、リーグのメタにおける彼女の役割が安定すれば、ファンは彼女の物議を醸した始まりを忘れてくれるかもしれない。

第5位:レル(Rell)

Rell
最新のリーグチャンプであるレルには まだ疑問の余地がある。彼女はメタにどのような影響を与えるだろうか?彼女には大規模なナーフやバフが必要になるのか?そして新しいアイテムシステムは彼女に優しいものになるのだろうか?

不明な点があるにも関わらず、レルのキットは一見するとADCに適している。彼女は何日もヒーリングしたり、盗まれたMRやアーマーを味方に吸い上げたり、気絶させたり、ノックアップし、挑発し、呪文をかけたり、剥がしたりすることができる。重いアーマーを装着している時はカタツムリのペースで移動するが、レルlは馬に乗ってジャンプすることでその差を縮めることができる。

Riftに乗っている時間が必要なのは認めているが、Riotは彼女の力が強すぎたり圧倒されたりした場合には微調整を加えてくれるだろう。

しかし、彼女のストーリーは、実の母親に武器として育てられた哀れで不幸な16歳で、哀しくも魅力的なものだ。彼女は必ずしもハッピーエンドではないが、レルはおとなしい者を守り、Noxusを滅ぼすことに専念している。

第4位:ヨネ(Yone)

yone
Riotは彼を「仮面の暗殺者」と「殺された剣士」と呼び始めた。彼は「過去と和解する必要があった。新しいチャンピオンはヤスオの年上の異母兄であるという噂はすぐにリーグのコミュニティに広まった。そしてヤスオが無実の殺人事件で告発された後、正当防衛で兄を殺害したことを考えると、ファンはさらに興味をそそられた。

ヨネがデビューしたのは「精霊の花」のイベントで、精霊の絆のストーリー性の高さと伝承の広がりで大好評を博した。また、「Kin of the Stained Blade」のシネマティックでは、2人の兄弟が悪の悪魔を退治するためについに再会した10分間の素晴らしい予告編が公開され、チャンピオンの姿も明らかにされた。

Unforgottenは残念ながらWorlds 2020では無効化されており、ファンはお気に入りのプレイヤーがRiftで彼を叩きのめすのを見る機会がなかった。そして、彼の能力キットはヤスオと似たようなものだ。しかし、セラフィーンとは異なり、ヨネが弟と似たような能力を持っているのは理にかなっている。彼らは同じ師匠の下で修行を積んだ剣士であり、彼らの戦い方も似ているはずだ。しかし、ヨネのソウルアンバウンド(E)はユニークで楽しい能力であり、弟との違いは十分にある。

第3位:リリア(Lilia)

Lillia
夢のようなジャングラーをリリースする前に、Riotは “最初の学習曲線を乗り越えるにはかなりの投資が必要だ “と言っていた。デベロッパーは新しい “長期的なバランス “の哲学を採用し、チャンプをマスターすることは時間をかける価値があると主張した。これは、新しいチャンプは最初は弱く、勝率が低いように見えることを意味する。しかし、ファンが彼女をプレイしていくうちに、それは改善されていく。そして、リリアについては、新しいバランスの枠組みが功を奏した。

リリアは最初はパフォーマンスが低かったが、Riotはその言葉を忠実に守り、プレイヤーがリリアを使いこなせるようになるまでバフをかけなかった。数カ月後、Leaguepediaによると、このチャンプは健全な勝率を享受しており、その後のパッチでも微調整はされておらず(いくつかのマイナーなバグ修正を除けば)、Worlds 2020では62%のピックオアバン率を記録しているという。

そうは言っても、彼女の伝承やゲームプレイは超エキサイティングなものではない。彼女は夢を収穫する恥ずかしがり屋の子鹿で、彼女のChampion Insightsのページによると、彼女の「木のお母さんが病気になる」ために、彼女の魔法の森から冒険することを余儀なくされている。それは愛らしい話だが、それはあまり魅力的ではない。そして、彼女のキットは正確に革命的ではない。しかし、彼女はRiftでの場所と役割を持っており、リーグメタへの道を容易にした。

第2位:セト(Sett)

Sett
セトは2020年にリリースされたもう一人の選手で、プロプレーではほぼ全てのロールで一貫してピックされている。例えばWorldsでは、セットはほぼ58%の確率でピックされるか禁止されている。そして彼はトップレーン、ミッドレーン、ジャングル、サポートに登場した。

しかし、彼の柔軟性はRiotの開発者に頭痛の種となっていた。セトは1月にパッチ10.1でリリースされた。彼はその後、パッチ10.3、10.5、10.8、10.16、10.18で弱体化された。彼が多くの役をこなすことができたのは、彼があまりにも優秀だったからだということが明らかになった。このボスは基本的なスタッツが高く、アビリティの基本ダメージも高く、Gritのメカニックによるタンキネスも優れていた。彼は今でこそほとんどバランスが取れている。

セトは真の悪党のように見えるかもしれないんが、彼のストーリーは親しみやすく、人を魅了する。ボスになる前のセトは、彼がイオニア人とノクシア人であることから「半獣」とみなされていた。父親がいなくなってからは、いじめっ子を拳で黙らせることにすぐに頼り、ノクシア人のピットの王様となった。孤独な母を支えながら、あらゆる財産を蓄えていった。

第1位:サミーラ(Samira)

サミーラ
何年もの間、殺され、餌食にされ、ジャガイモの袋のように翻弄されてきた後、ADキャリーメインは、役割のために列を作り続けるための何かを必要としていた。サミーラの登場だ

砂漠の薔薇は、ADCが暗殺者のような気分になるのを助け、銃を燃やしながら戦いに飛び込み、パス内の誰でも破壊する。そして、彼女はヤスオ風のBlade Whirlで投擲された弾丸を止めることができ、近距離からの近接攻撃も可能だ。

彼女は明らかにオーバーチューニングされており、リリース以来、何度かナーフがかけられている。しかし、彼女は彼女の複雑なキットを適切に使用することができるプレイヤーに報酬を与え、間違いなくそれを望んでいたポジションであるマークスマンの役割にユニークなテイクを提供している。そして彼女は地獄のように楽しい。

サミーラは大胆不敵で熟練した命知らずだ。2021年のメタで彼女が活躍することは間違いないだろう。

出所:DOT ESPORTS

 

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。