2022年08月16日
esports

eスポーツ企業Team SoloMidのCEO、ハラスメントで罰金7万5000ドル

League of Legendsなどのプロeスポーツチームを運営するTeam SoloMidのCEOが、選手や会社スタッフへのハラスメントで、罰金7万5000ドルと2年間の保護観察処分を科された。The Sunなどが伝えた

TSMはRiot Games制作のゲームタイトル「League of Legends」と「Valorant」のeスポーツチームを運営している。
CEOのANDY Dinh氏が、選手やスタッフに対して行った嫌がらせやいじめ行為は、2021年11月に元従業員が告発したことにより明るみになった。その後、他の現・元従業員からもさらなる情報提供があった。

TSMは告発を受け、内部調査を実施。Dinh氏が「不法行為に関与していない」ことを確認した。

しかし、リーグオブレジェンドの開発元Riotと北米のLeague of Legends Championship Series運営のLCSは、調査は不十分と認識し、両組織で独自に調査した結果、罰金などの制裁を課す決定を下した。

Riotは以下のように声明を出した。

「独立した調査員の報告から導き出された結論に基づいて、Dinh氏による選手やTSMのスタッフに対する暴言や、卑屈で軽蔑的な態度のコミュニケーションなど、中傷といじめの行動のパターンと慣行があったと信じています。」

徴収した罰金は、メンタルヘルスやいじめ防止のための慈善団体に寄付されるという。

シェアする