2023年01月29日

ラスベガスサンズ、NYダウンステートでIR建設を申請

カジノ大手Las Vegas Sandsは、ニューヨーク州ダウンステートのナッソー・コロシアム跡地に新たなIR施設を建設するため、提案書とライセンス申請書をナッソー郡議会に提出した。計画が承認されれば、郡全体で過去最大の72エーカーの土地を開発することになる。World Casino Newsが伝えた

ニューヨーク州ダウンステートが、ギャンブル施設の建設を希望するカジノ事業者に対し、ライセンス申請手続きを開始したのに合わせて提出した。

新しいIR施設は、プロジェクト全体の10%未満を占めるギャンブルカジノ、屋外コミュニティスペース、4つ星と5つ星のホテルルーム、大規模なライブパフォーマンス会場がある。サンズ関係者は「ナッソー・コロシアムでのライブ音楽の長い遺産に敬意を表して、世界クラスのライブ・パフォーマンス会場がを作ります。」と強調した。
新施設の経済効果は年間40億ドルほどと予想されている。

同社の会長兼CEOであるロバート・G・ゴールドスタイン氏は、次のように述べた。
「今日の発表は、この旅の最初の部分に過ぎません。ロングアイランドのコミュニティと協力し、関係者全員の意見を反映させた提案書を作成してこそ、説得力があり競争力のある提案書を作るすることができるのです。」

ニューヨーク州ダウンステートがライセンス取得申請を受け付けをしているのは最大3枠のカジノ。このライセンスはポーカーやブラックジャックなどの伝統的なゲームだけでなく、スロットゲームやその他の電子ゲームサービスも提供可能で、ラスベガス型の本格的なカジノ開業に、多くの事業者が注目している。

シェアする