2022年09月28日
korea casino

韓国カジノGKL、8月のカジノ売上は前年比160%増

韓国のカジノGKLは、2022年8月のカジノの売上高が前年同月比160%増の229億ウォンだったと発表した。Inside Asian Gamingなどが伝えた

2022年1月~8月の売上は、前年同期比158%増の1463億ウォン、テーブルドロップは135%増の10億3000万ウォンだった。

GKLはソウルのGangnam COEX、釜山と江北にそれぞれ店舗を構えるセブンラックカジノを運営している。

GKLと共に外国人専用のカジノParadiseも業績が改善している。これは、2022年6月8日からワクチン未接種の海外旅行者に対してホテル検疫の義務を取りやめたこと、6月1日から観光ビザの発給を再開したことが影響している。

 

シェアする