2022年09月28日

ハウステンボス売却が決定、IR誘致に影響するか

長崎県にあるテーマパークで、カジノ誘致の候補地になっているハウステンボスが、香港の投資会社に売却されることが正式に決まった。この売却が長崎IRの国からの承認に影響するのか注目されている。西日本新聞などが伝えた

大手旅行会社HISなどハウステンボスの株主が、香港の投資会社PAGに売却する方針を正式に発表した。売却額は1000億円ほどになるという。ハウステンボスの株主には、運営会社で株式の66%を保有するHIS、その他九州電力や西部ガスなどの企業5社がいる。

売却後もハウステンボスの営業や雇用は継続されるという。
長崎県はIR誘致の申請を今年4月に行っており、現在、審査が進められている。カジノの事業予定者はオーストリア国有企業傘下の「カジノオーストリア」だ。
今後、ハウステンボスの経営を引き継ぐ投資会社PAGがIR誘致にどう対応するか、売却が承認に影響するのかなど注目を集めそうだ。

 

シェアする