2020年09月27日

Gen.G Esports、プーマとパートナーシップを締結

多国籍eスポーツ組織のGen.G Esportsの韓国部門が、スポーツウェアブランドPumaとパートナーシップを締結した。ESPORTS INSIDERが9日伝えた

Pumaは、Gen.G韓国部門の全選手とストリーマーにチームジャージを提供する。また、両社は独占的な共同ブランドのアパレルラインもデザインする。共同ブランドのチームジャージとアパレルラインは一般に公開される予定だ。

発表によると、Gen.Gのリーグ・オブ・レジェンド(League of Legends、LoL)チームはまず「PUMA X Gen.G」のチームジャージを着用し、リーグ・オブ・レジェンド・チャンピオンシップ・コリア(LCK)に出場するという。

Pumaは、メルセデス・ベンツのディーラーであるハンソンモーター、ベネフィット・コスメティックス、イースタン・ミシガン大学、バンブル、ケンタッキー大学、More Labs、Geekstar、DouYu、マクドナルド、ロジクールG、オールドスパイス、SIDIZ、DESKER、シリコンバレー銀行に加えて、Gen.G Esportsのパートナーとなっている。

昨年、PumaはCloud9との契約を通じてesportsに参入し、特に北米のリーグ・オブ・レジェンドのチームに焦点を当てていた。昨年後半には、この契約は複数年契約に拡大され、オーバーウォッチリーグのフランチャイズであるロンドン・スピットファイアを除くCloud9の全チームが対象となった。

Pumaはまた、2019年にはポーランドのeスポーツ組織AGO Esportsとオーストラリアの組織ORDERとの取引を確立している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。