2021年04月16日

上海eスポーツチームNewbeeの元メンバー、Dota 2イベントへから永久追放

Dota 2の公式Weiboアカウントが声明を発表し、上海のeスポーツチームNewbeeの元メンバーであるXu “Moogy” Han氏、Yin “Aq” Rui氏、Wen “Wizard” Lipeng氏、Yan “Waixi” Chao氏、TI2チャンピオンのZeng “Faith” Hongda氏が、ValveとPerfect Worldのイベントへの参加を永久に禁止されたことを明らかにした。DOT ESPORTSが伝えた。

2020年5月、Newbeeのプレイヤーはマッチフィクスを行ったとして告発され、ImbaTV と中国 Dota 2 プロフェッショナル協会 (CDA) からチームの活動を禁止された。これにより、チームは国内トーナメントに出場できなくなったが、Valve が主催するトーナメントには出場できると考えられていた。

2020年5月にCDAが発表した以前の声明では、同団体は「Newbeeのマッチフィックスに関する関連証拠をPerfect WorldとValveに送った」と述べていた。また、Newbeeは運営上の不備やCDAのコアバリューに違反しているとして、CDAのメンバー憲章からも削除されていた。

Perfect Worldは中国地域におけるDota 2の正規代理店だ。今回の発表を受けて、Newbeeの元メンバーは世界や国内の主要な大会のほぼ全てで歓迎されないことを意味している。TI7準優勝のMoogyとTI2王者のFaithは2020年5月の最初のBAN以来活動を休止していたが、残りのAq、Wizard、Waixiの3選手は2020年8月にNewbeeを退団して以来、新チームのInk Iceでプレイしていた。

今回の禁止により、この5人は1月18日から始まるDPCシーズンに出場することができなくなる。Ink Iceの残りの2人のメンバー、Lai Jay “Ahjit” SonとReploidは、元Newbeeの選手が永久に退団しているので、新しいメンバーでチームを埋める必要がある。

マッチフィクスの疑惑が最初に出たのは2020年2月、元NewbeeのチームがStarLadder ImbaTVマイナーの間にAvengerlsと対戦した時だった。チームの元キャプテンであり、TIの優勝者でもあるZhang “xiao8” Ning氏は自身のストリームで懸念を表明し、何か影のあることが間違いなく起こっていたと述べた。

最初の告発の中で、Newbeeは、組織のチームとのコミュニケーションのレベルがパンデミックの間に低下していた、彼らはチームのマネージャーからの最新情報を得ているだけであるという声明で自分自身を守ろうとした。しかし、同団体は最近の出入り禁止に関する声明を発表しなかった。

ImbaTVとCDAも2020年5月にFeng監督を禁止している。しかし、きょう発表されたPerfect WorldとValveの声明に彼についての言及はなかった。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。