2022年12月06日

デトロイトのカジノ収益、第3四半期は前年同期比7%減

米ミシガン州ゲーム規制当局は、デトロイトのカジノは9月に1億340万ドルの総収入を上げたと発表した。第3四半期(7-9月)は7%減少したと発表した。The Detroit Newsが伝えた

MGMグランドデトロイト、モーターシティカジノホテル、ハリウッドカジノアットグリークタウンの3つのカジノは、テーブルゲームとスロットから計1億80万ドルの収益、リテールスポーツベッティングから260万ドルの収益を上げた。
MGMは48%のシェアで市場をリードし、モーターシティカジノは31%、ハリウッドカジノは21%でそれに続いた。

当局によると、テーブルゲームとスロットの収入は2021年9月より5.7%、8月より3.5%減少した。第3四半期は、総収入は前年同期比7%減であり、3カジノとも業績は低下した。

リテールスポーツベッティングによる9月の適格調整総収入は、前年同月比25%減少した。しかし、前月の8月と比較すると、56%以上増加している。

シェアする