2021年01月28日

『サイバーパンク2077』、Steamで100万人以上のプレイヤーが同時接続

CD Projekt Redの最新作で大規模なオープンエンドRPG『サイバーパンク2077』は、Steamでの同時接続プレーヤー数が100万人を超えた。ベセスダ・ソフトワークスの『Fallout 4』は2015年のローンチ時に47万2962人が同時接続したことで、Steam上のシングルプレイヤーゲームで最も多くのプレイヤーを獲得した記録を保持していたが、『サイバーパンク2077』はこれを更新した。PC GAMERが伝えた

『サイバーパンク2077』がコンソールだけでなく、GOG、Epic、GeForce Now、Stadiaでも配信されていることから、現時点でナイトシティを探索している(少なくとも探索しようとしている)人の本当の数はさらに多くなっている。ツイッチでも100万人が視聴した。

Steam上のゲームで最も多くのプレイヤーがプレイした現在の総合記録は『PUBG』で、2018年1月13日には325万7248人が同時接続した。しかし、『Cyberpunk 2077』はすでに『Terraria』のピークである48万9886人を上回り、『Dota 2』(129万5114人)や『CS:GO』(130万8,963人)に追いついている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。