2024年03月02日
online casino

中国が海外オンカジ詐欺取り締まり宣言、中国人被害報道受け

中国共産党中央政法委員会が土曜日に開催され、中国は海外で行われるオンライン・ギャンブルや通信詐欺を厳しく取り締まり、国内で活動する共謀者には厳しい罰則を科すと宣言した。Global Timesが伝えた

新華社通信が報じたところによると、中国共産党中央委員会政法委員会の全体会議は、電気通信詐欺の発見と防止能力を高めるために、広報と教育にさらなる努力を向けるべきであると強調した。

隣国ミャンマーでは近年、殺人、誘拐、人身売買、不法移民などの犯罪に加え、オンライン・ギャンブルや通信詐欺が一連の深刻な社会問題を引き起こしている。犯罪グループはしばしば、高給を約束して近隣諸国からミャンマーに人々を誘い込んでいるという。

河南電視台(HNTV)の市街チャンネル(City Channel)の記者が120日間の潜入調査を行い、ミャンマーにおける不法移民と通信詐欺を暴露したことが河南電視台によって最近報道された。7月25日現在、取材チームにはミャンマーに閉じ込められた人々から1200件以上の救助要請が寄せられている。

通信詐欺やオンライン・ギャンブルなどの犯罪行為の取り締まりも、中国とミャンマーとの間で頻繁に行われている話題の一つである。最近では、7月25日に陳海駐ミャンマー中国大使がミャンマーのタン・スエ外務大臣と会談し、ミャンマー国内におけるこれらの犯罪行為を共同で取り締まることについてミャンマー側と調整を行った。

陳氏は、ミャンマーの国境地帯で横行している通信詐欺に対して、中国、ミャンマー、タイの共同作戦が初期の成果を上げたと指摘した。しかし、このような努力にもかかわらず、特にミャンマー北部とその国境地帯における通信詐欺は依然として横行しており、中国とミャンマー双方の国民の利益に重大な損害を与えている。

ミャンマー以外にも、スリランカやタイなどでも同様のケースが報告されている。在スリランカ中国大使館が最近発表したところによると、スリランカに人身売買され、家族や外部との接触を絶たれ、通信詐欺やインターネット賭博などの違法行為に従事させられていた中国人13人が救出された。

シェアする