2020年09月28日

中国オンラインギャンブルの取締りがVIP部門に影響

ロイターによると、資本流出を食い止めるための中国のオンライン賭博への取り締まりが、マカオのVIP部門の流動性に悪影響を与えている。Asia Gaming Briefが18日伝えた

北京は6月にギャンブルのための資金の越境的な流れを国家安全保障上のリスクとして特定した。それ以来、2290億元(約3兆5000億円)以上を押収し、数千の銀行口座を凍結したと報告書は伝えている。

これは今度は、ジャンケット事業者を介してVIPの資金へのアクセスに害を与えている。

マカオジャンケット協会の理事であるラム・カイ・クオン氏は、「流動性に影響を与えているのは間違いない」と述べている。彼は、中国がVIPギャンブルに対する弾圧を止めない限り、VIP業界は2年前の収益レベルに戻ることはないだろうと見解を話した。

IGamiX Management & Consultingの創設者であるベン・リー氏は、ジャンケットが賭博活動に資金を提供する能力が著しく制約されているため、オペレーターに信用供与の圧力をかけているとロイターに語った。

「VIPセグメントが回復する唯一の方法は、カジノが過去に前提条件となっていた(ジャンケットからの)現金担保に対応することなく、クレジットラインを拡大することです」

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。