2022年12月09日

BMWとeスポーツチームFnaticが提携、ベルリンにeスポーツ施設開設

英国拠点のeスポーツチームFnaticは、ドイツの自動車メーカーBMWと提携し、ベルリンにeスポーツ施設を開設した。Fnaticは、スキンケアのロレアル メン エキスパート、インターネットセキュリティ企業カスペルスキー、スポーツマーケティング代理店SPORTFIVEなど著名企業とパートナー契約している。

出所:Fnatic HP

新たに開所したeスポーツ施設「BMW x Fnatic Esports Performance Facility」は、高速ブロードバンドと最高級の内部ネットワークシステムを備え、社内ジム、キッチン、更衣室、リラックス・レクリエーションエリア、ゲームパフォーマンス室2室、コンテンツスタジオ、マッチレビュールーム、BMWシムレーシングリグ、専用オフィススペースなどを完備している。

Fnaticのリーグ・オブ・レジェンド・チームは、来るリーグ・オブ・レジェンド欧州選手権(LEC)夏季大会に出場し、LECの頂点に返り咲くためこの施設を利用する。

BMWグループのゲーミング&スポンサリング部門責任者であるPia Schörner氏は、次のように述べた。
「この施設は、チームがeスポーツの最高レベルで競争できるようになるため、必要なすべての側面をカバーします。選手の心身の健康からコンテンツ制作、ゲーム内のパフォーマンスまで、幅広いアプローチで、BMWのwスポーツに関する哲学を反映しています。さらに、この施設は、Fnaticとその選手のパフォーマンスをさらに向上させるために私たちが提供するBMWグループのイノベーションを紹介するための最適な舞台となります。今後、いくつかのエキサイティングなプロジェクトを実現させていきます。」

シェアする