2024年04月17日
online casino

豪でスポーツ試合中のギャンブル広告への規制圧力高まる、業界は反発

オーストラリア首相アンソニー・アルバネーゼ氏は、野党指導者ピーター・ダットン氏が提案したギャンブル広告の禁止に関連し、「フットボールの時間は家族の時間だ」と述べ、スポーツ試合中のギャンブル広告の嵐を「迷惑だ」と公言した。The Gardianが伝えた。

ガーディアン・オーストラリアとのインタビューで首相は、この広告を禁止する計画について直接コメントするつもりはないと述べ、現在審査が進行中だと語った。しかし、コミュニティがギャンブルの広告が多すぎるという懸念を高めていることを受け、スポーツ試合中のギャンブル広告の禁止へと規制が進むのかとの問いに対し、アルバネーゼ氏は、「進行中の審査を先取りするつもりはない」と答えた。「しかし、個人的なレベルでは、それらは迷惑だと感じている」と彼は語った。

ダットン氏は先週の予算回答演説で、放送中及び試合の前後1時間にわたるスポーツ賭博広告の禁止を提案した。ダットン氏は先週木曜日に議会で、「ゲーム広告の爆撃」がテレビでのスポーツ観戦の楽しみを奪い、「さらに悪いことに、それらは若い年齢でギャンブルを正常化し、我々の国の文化を悪い方向に変えている」と述べた。

アルバネーゼ氏は、ダットン氏が禁止を主張することに驚きを示し、連立政権がこれらの問題について9年間何も行わなかったと指摘した。彼は政府が政策面で積極的だったと述べた。
「我々は1年間政府を担当してきたが、すでに広告ガイドラインを変更し、ギャンブルに関するいかなる広告についてもそれを強化した後に、我々が開始した審査がある」

首相は、政府が新たな強制的な被害軽減メッセージを広告に追求し、オンライン賭博に対するクレジットカードの使用を禁止し、ビデオゲーム内でのギャンブルの活動を制限したことを指摘した。

議会によって最終的に実施される広告禁止は、ゲーム業界から大きな反発を招くだろう。商業テレビの最高組織体がすでに反対を表明しており、業界の見積もりでは、放送局は広告収入で数億ドルの損失を被る可能性がある。

スポーツ放送中の賭け広告の禁止を求める呼びかけは、商業テレビの最高組織体から反論を受けている。Free TVは、業界がすでに行動を起こしていると述べた。

シェアする