2020年12月05日

エーペックスレジェンズ、新キャラは恨みを持つタイムトラベルママ

来週のエーペックスレジェンズシーズン7の開始に先駆けて、エレクトロニック・アーツは新しいトレーラーを公開した。メアリー・ソマーズ博士、別名ホライゾンは、パートナーに裏切られた後、ほぼ100年後の未来に放り出された自分を発見し、既知の宇宙の端で死ぬために彼女を残している。PC GAMERが伝えた。

宇宙の冷たい黒さの中でゆっくりと孤独な死は、それだけでも十分に良くないが、本当に最悪なのは、オリンポスの彼女の故郷の惑星を救うことができる新しいエネルギー源を見つけて持ち帰るという彼女の使命を果たした後に戻るという心からの約束にもかかわらず、ホライゾンが若い息子を残してきたことだ。彼女は最終的にこの醜い運命から逃れられるが、彼女は正しい場所に戻ってきたものの、そこは87年が経過しており、彼女が残した子供はなくなっていた。

結局のところ、彼女は一度タイムトラベルすることができれば、彼女は再びそれを実行でき、どうやらそれを行うための最良の方法は、学者として母親として学んだすべてを、エーペックスの勝者がすべてを奪う剣闘士のデスマッチに注ぎ込むことだ。宇宙の時間的エーペックスレジェンズのシーズン7が始まる前に、エレクトロニック・アーツが物語的にまとまりのある方法ですべてをまとめてくれることは間違いないだろう。

幸いなことに、見るべきものはそれだけではない。今回のアップデートでは、クロスプレイが可能になったことで、ランクポイントがどのように機能するかについても明らかにされている。「クロスプレイにオプトインされたコンソールプレイヤーは、他の全てのコンソールプレイヤーとマッチメイクを行います。プール内のすべてのプレイヤーは、これまで通りRP数の合計でソートされます。このようにプレイヤー数が増えたことで、マッチメイキングの時間を短縮することができます。例えば、PS4のApex PredatorでPCの友人とプレイしている場合、PCプレイヤーが一緒にプレイしているにも関わらず、PS4でのみRPを獲得することができます。」と説明している。

エーペックスレジェンズのシーズン7は11月4日に開始し、いよいよSteamでも発売される。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。