2020年10月27日

『あつまれ どうぶつの森』、東京ゲームショウで「ゲーム・オブ・ザ・イヤー」大賞受賞

『あつまれ どうぶつの森』は、今月23日〜27日に開催された今年の東京ゲームショウアワードで最高賞を受賞した。子供からお年寄りまで幅広い年齢層の多くのユーザーから一般投票で圧倒的な支持を得た。DOT ESPORTSが伝えた。

ゲーム・オブ・ザ・イヤーの大賞を受賞したほか、「日本のコンピュータ・エンタテインメント・ソフトウェア産業の発展に大きく貢献した個人または団体」に贈られる「日本ゲーム大賞」の経済産業大臣賞を受賞した。

リリースでは「COVID-19のパンデミックにより家に閉じこもることを余儀なくされたため、何でも自由にできるこのゲームでのスローライフ体験が、世界中の人々の慰めになりました。ゲームを通じた親しい仲間とのコミュニケーションやイベントでのプレイヤー同士の交流は、一本のゲームの枠を超え、日本発のエンタテインメントの力を発揮し、子供からお年寄りまで幅広い年齢層の多くのユーザーから一般投票で圧倒的な支持を得て、優秀賞と最優秀賞を満場一致で受賞しました」と述べている。

その他、コンピュータエンターテインメント協会(CESA)の優秀賞受賞者は以下の通り。
十三機兵防衛圏
デス・ストランディング
ファイアーエムブレム:スリーハウス
モンスターハンターワールド:アイスボーン
仁王2
ペルソナ5 ザ・ロイヤル
ポケモンソード・シールド
リングフィット アドベンチャー
ヤクザ:ライクアドラゴン

そのほか、ゲームデザイナー賞はヘンプリの『Baba Is You』、特別賞は『ドラゴンクエストウォーク』、グローバル賞海外製品部門は『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』が受賞した。最優秀セールス賞とグローバル賞日本製品部門は『ポケモンソード・シールド』だった。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。