2020年09月29日

PUBGモバイルがチート取り締まり、230万アカウントと140万台のデバイスを禁止に

テンセントがPUBGモバイルのチートの取り締まりを続けている。PUBGモバイルはツイッターで、8月20日〜27日までに227万3152のアカウント、142万4854台のデバイスを禁止したと発表した。DOT ESPORTSが伝えた

PUBGモバイルでは、チートは常に大きな問題となっている。最近では、南アジア、インド、パキスタンのPUBGモバイル・クラブ・オープン(PMCO)で、ライブ中継されていたグループステージで一部のチームが不正行為を行っていたことが問題視された。コミュニティからの反発を受けて3つのPMCOは全て延期され、複数のチームが禁止された。

過去1週間で禁止されたアカウントやデバイスの大部分は、X線ビジョンハックやオートエイムハック、スピードハックなどのチートをしていた。

また、ツイートでは「新時代の改善された不正行為対策 」に向けてプレイヤーに「準備をしておくように」と呼びかけている。PUBGモバイルのバージョン1.0はゲームの新時代と呼ばれており、9月8日にリリースされる。また、Erangel 2.0やグラフィックの改善、新しいユーザーインターフェースが導入される。

PUBGモバイルはハッカーに対するアクションが行われていることをプレイヤーに安心させるために、毎週レポートを発行するようだ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。