2024年04月24日
slot

英国で若者によるギャンブルが全体的に減少=英国賭博委員会

英国賭博委員会(UKGC)は、若者のギャンブルへの関与について調査した2023年の報告書を公表した。若者のギャンブル全体が減少していることがわかった。YOGONETが伝えた。

調査では、イングランド、スコットランド、ウェールズのアカデミー、公立学校、私立学校に通う11歳から16歳の生徒、および初めて17歳の生徒のデータを収集した。学校でオンラインの自己記入アンケートに回答する形で実施された。

結果は主に以下の通り:

– 26%の回答者が過去12カ月間に何らかの形で自分のお金をギャンブルに費やした。2022年は31%だった。

– 4%の回答者(若者が合法的にプレイできるアーケードゲーム機を除く)が、規制されたギャンブル(年齢制限のある製品)に自分のお金を費やした。2022年は5%だった。

– DSM-IV-MR-Jスクリーンによれば、0.7%の回答者が問題のあるギャンブラーとして特定された。2022年は0.9%だった。

– 1.5%の回答者がリスクのあるギャンブラーとして特定された。2022年は2.4%だった。

– 55%がオフラインでギャンブルの広告を見たことがあった。2022年は66%だった。また、53%がオンラインで広告を見たことがあったが、2022年は63%だった。

同委員会はギャンブル事業者に対して、子供が違法に製品にアクセスできないようにするための強力な保護策を導入するよう求めている。

若者が合法的に自分のお金を費やすことができる、もしくは年齢制限のないギャンブルの結果は以下の通り:

 

– アーケードゲーム機でのプレイ(ペニープッシャーやクローグラブマシンなど):19%

– 友達や家族との賭け:11%

– 友達や家族とのトランプゲームでのプレイ:5%

 

シェアする