2020年07月04日

レインボーシックスシージの登録プレイヤー数が5500万人を突破!

eスポーツ

ローンチから4年後、トム・クランシー原作の「レインボーシックス」を題材としたのレインボーシックスシージ(Tom Clancy`s Rainbow Six Siege)は、一貫して人気のあるPCゲーム、ロングテールマルチプレイヤーシューティングゲームの1つである。開発元ユービーアイソフト(Ubisoft)の第3四半期収支報告によると、12月は記録的な月間ユーザー数と5500万人以上の登録プレイヤーを記録した。Forbesが6日伝えた

レインボーシックスシージは、2015年後半に立ち上げられ、当社は市場の反応はいまいちだったが、Ubisoftがマルチプレイヤーゲームへの追加を続けたため、徐々に視聴者を獲得してきた。2019年5月には、Ubisoftはレインボーシックスシージの生涯売上高が11億ドル(約1209億円)に達したと報告した。

レインボーシックスシージは、主要なPC市場Steamのトップゲームの1つであり、1月を通じて平均9万4000人が、ピーク時では15万8000人がプレイしている。

レインボーシックスシージは、Ubisoftにとって数少ないブライトスポットの一つである。10月のゴーストリコン ブレイクポイント(Ghost Recon Breakpoint)の「非常に残念な」最初の週の売上とレビューの後、ゲームカレンダーを大幅に遅らせている。第2四半期の収入は90%減少した。

Ubisoftの新しい スカル アンド ボーンズ(Skull&Bones)は、2019年5月にすでに発売が延期されていたが、10月後半にはウォッチドッグス レギオン(Watch Dogs Legion)、レインボーシックス クアランティン(Rainbow Six Quarantine)、ゴッズ アンド モンスターズ(Gods&Monsters)もその延期の列に加わった。同社はまた、バイキングをテーマにしたアサシンクリード(Assassin’s Creed )を2020年に発売するべく取り組んでいると伝えられている。

Ubisoftは6日、第3四半期の収益を報告した。予想どおり、今後のゲームリリースの予定日が次の会計年度にずれ込んだため、収益は前年同期比で26%減少した。現在の会計年度では、同社はIFRS非準拠収入が、前年の約5億ドルから2000万〜5000万ドルに縮小すると予想している。

Ubisoftの共同設立者兼CEOであるイヴ・ギユモ氏は次のように話した。
「現在の会計年度は当初の予想を大きく下回っていますが、第3四半期は、バックカタログのいくつかのタイトル、特にレインボーシックスシージ、アサシンクリードオデッセイ、ザ クルー2(The Crew 2)、マリオ+ラビッドキングダムバトル(Mario + Rabbids Kingdom Battle)が優れたパフォーマンスを見ています。そしてジャストダンス2020のリリースから、成長軌道に戻っています」

Ubisoftは、7日からレインボーシックスシージ2020 eスポーツトーナメントの第4版を開催する。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。