2021年10月18日

Oculus Questの60以上のタイトルが収益1億円突破

VR oculus quest 2

フェイスブック・リアリティ・ラボの副社長であるAndrew ‘Boz’ Bosworth氏は、ツイッターでQuestのゲームやアプリの収益に関する最新情報を提供し、Oculus Questの60以上のタイトルが収益100万ドル(約1億500万円)を突破したと発表した。UPLOAD VRが伝えた

フェイスブックはOculus Questのようなヘッドセットの販売台数などの統計を公開しておらず、成長を定量化するのが難しい。しかし、Questの人気の高まり、維持、成長の背景を提供するのに役立ついくつかの他の統計がある。そのうちの1つは、プラットフォームでの収益が100万ドルを超えたQuestのタイトルの数であり、フェイスブックはこれについていくつかの新しい情報を提供している。

ほぼ1年前の2020年3月、フェイスブックは20本のOculus QuestタイトルがQuestプラットフォーム上で100万ドルの収益を突破したことを確認した。そして6カ月後の2020年9月、フェイスブックはタイトル数が35に増えたことを発表した。

それからわずか4カ月後の今日、その数は再びほぼ倍増した。Bosworth氏はツイッターで、60以上のOculus QuestタイトルがQuestプラットフォームでの収益100万ドルを突破したことを発表しました。これはストア内の全アプリの約30%に相当する。

このアップデートは、フェイスブックの2020年第4四半期の投資家向け決算説明会と同日に行われた。CEOであるマーク・ザッカーバーグ氏は、Quest 2が 「最初のメインストリームのバーチャルリアリティヘッドセットとして軌道に乗っている 」ことを示す力強いコメントを発表している。

今回の決算での他の主な発言は、フェイスブックの「その他」の収益が2019年第4四半期の3億4600万ドルから2020年第4四半期の8億8500万ドルへと2倍以上に増加したことだ。このカテゴリーはQuestのハードウェアのみで構成されているわけではなく、他の広告以外の収益やポータルデバイスなどのハードウェアも含まれているが、幹部はこの成長の多くがQuest2の好調なホリデーセールスに牽引されたと指摘している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。