2024年5月22日

カジノ含む統合型リゾートを運営するメルコリゾーツ&エンターテインメントは、2023年第2四半期決算報告で、売上高が前年比220%増加したにもかかわらず、債務負担により純損失から抜け出せていないと報告した。iGaming Businessが伝えた

6月30日までの3カ月間、メルコの四半期売上高は前年同期比220%増の9億4790万ドルとなった。2023年6月30日現在、メルコの負債総額は95億ドル。半年前の96億2000万ドルに比べれば微減である。

メルコ社は、2023年1月にマカオのCovid-19規制が緩和されたこと、また、同社の不動産にいくつかの改良が施されたことが上昇の原動力となったと述べた。これには、Studio City Phase 2のEpic Towerのオープンや、同じ場所でのレジデンシー・コンサートの開始などが含まれる。

この収入で、メルコは6430万ドルの営業利益を計上した。

調整後のEBITDA(利払い・税引き・減価償却・償却前利益)も、前年の1380万ドルの赤字から2億6730万ドルに増加した。

一方で、メルコのほぼすべてのコストも増収に伴って上昇した。

カジノのコストは2億440万ドルから5億550万ドルへ倍増。飲食費、エンターテイメント費、客室費、管理費もすべて大幅に増加した。

上半期の売上高は、前年同期の7億7110万ドルに対し、16億6000万ドルに増加した。成長の大部分はこの第2四半期に起きた。

メルコの上半期営業利益は6460万ドルであった。第1四半期は33万3000ドルを計上したのみであったが、今四半期はほぼすべての利益を計上したため、これは同事業の四半期ごとの数字とほぼ同様である。

しかし、決算説明会で同社が明らかにしたように、2019年のEBITDAの増加を意味するギャンブル総収入のレベルにはまだ達していない。これは部分的には、Covid後に引き付けることのできた顧客は消費額が低かったためだ。

メルコのローレンス・ホー会長兼最高経営責任者(CEO)は、同社の決算説明会で、「マカオに入るエアリフトを見ると、おそらく50%程度でしょう。マカオは、回復が始まってからこの半年で、非常に弱いエンドマーケットになった。」

2023年第2四半期も、同社は2,340万ドルの純損失を計上した。これは前年の2億5,150万ドルから大幅に減少した。

マカオにあるフラッグシップカジノのシティ・オブ・ドリームスの2023年第2四半期の売上高は420.3%増の5億600万ドルとなった。この増加は、すべてのゲーミングセグメント、およびノンゲーミング事業の業績向上によるものという。

一方、スタジオ・シティはさらに大きな伸びを記録し、売上高は557.4%増の2億3600万ドルとなった。

事業規模がより小さいアルティラ・マカオの施設は、前年度の720万ドルに対し、2930万ドルを計上した。

これらの結果は、マカオ以外の事業と比較して、はるかに速い成長率を示している。

メルコのフィリピンカジノ、シティ・オブ・ドリームス・マニラは、前年度の1億1170万ドルに対し、1億1640万ドルと若干の増収を報告した。