2024年5月22日

スポーツベッティングプラットフォームの段階的な実施にもかかわらず、ケンタッキー州のプレイヤーからのベット総額は4分の1の10億ドルであると州が報告している。GAMBLING INSIDERが伝えた

ケンタッキー州の知事であるアンディ・ベシア氏は、スポーツベッティングが9月に同州で開始されて以来、約2億5000万ドルが賭けられたと発表した。

9月7日に小売りで、9月28日にオンラインでのスポーツべッティングが開始されて、それぞれおよそ1570万ドル、2億3230万ドルが賭けられた。オンラインでは50万アカウントが作成された。

ベシア氏は「ケンタッキーは2億5000万ドルに迫っている。それは、スポーツベッティングの開始に対する興奮を確かに反映した強力な数字である。ここに到達するのに多くの年月がかかったが、スポーツベッティングはついにケンタッキーで現実となった。これはケンタッキー州民にとっては、質の高いエンターテインメント体験を楽しむことができ、資金が州内にとどまり、私たちがより良いケンタッキーを築くのを助けるという点でwin-winの状況である」と述べた。

スポーツベッティングが完全に実施されると、ケンタッキーの収入は2300万ドル増加すると予想されており、これはケンタッキーの年金基金を支援するために使用される。

この金額の2.5%は、ギャンブルの有害性の教育と削減に特化した問題のあるギャンブル支援基金に寄付される。

ケンタッキー競馬委員会の会長であるジョナサン・ラビノヴィッツ氏は、「私たちのライセンシーやケンタッキーでベットしている人々の両方から非常に前向きなフィードバックを受け取っている。チームの専念と努力のおかげで、このローンチは私たちの期待を上回った。私たちの仕事は、州のベッターを守り、最高の顧客体験をサポートするために続いている」と話した。