2020年11月24日

CS:GOのFlashpoint2、賞金総額は1億円

ビーサイトが所有する大手トーナメントオーガナイザーFlashpointはきょう、CS:GOのトーナメントシリーズの第2シーズンに出場するチームの最新情報を明らかにした。賞金プールは100万ドル(約1億47万円)で、出場する新チームには、Fnaticのような世界チャンピオンや、BIGやOGのような新進気鋭のチームが含まれている。DOT ESPORTSが伝えた

これらの新チームは、4月にMAD Lionsが優勝したFlashpointの第1シーズンからのオリジナルメンバーに加えらる。第1シーズンと同様に、Flashpoint 2でも賞金総額100万ドルが、上位8チームに分配され、優勝者は50万ドルを獲得する。

Esports Chartsによると、第1シーズンの視聴者数のピークは約28万2418人、平均視聴者数は4万9977人だった。グランドファイナルの視聴率が最も高かったのはMIBR対MAD Lionsだった。

ほとんどのチームが新たなロスターで『Flashpoint 2』に臨む。MAD LionsはBubzkjiの解任に伴いラインナップがほぼ一新され、MIBRはFallenやferなどの主要選手をロスターから外している。

Flashpoint 2は11月10日に開幕し、12月6日に終了する。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。