2020年07月04日

eスポーツ組織OGが「$OGファントークン」発行、初のファン投票受付開始

eスポーツ組織OGは、スポーツファンとチームや選手の交流を深めることを目的としたブロックチェーン基盤のプラットフォーム「Socios.com」で、独自仮想通貨の「$OGファントークン」を発行し、初めてのOGファン投票を公開した。ファンは今シーズンのDota 2 やThe Internationalで表示したいゲーム内バナーのデザインを4種類の中からトークンを使って投票する。

OG eスポーツのCEOであるヨハン・ サンスティーン氏は次のように述べている。
「私たちはSocios.comと連携して、OGのストーリーの構築にファンが参加する機会を得られることを光栄に思っています。Socios.comはファンに声を与えてくれるので、OGとのリンクは非常に自然でした。コミュニティとのつながりを強化することは、常にOGのDNAの一部です。 OGの決定に関する複数の場面でファンが本当の影響を持つ機会を提供することで、さらに経験を前進させたいと考えています」

投票の資格を得るには、ファンはOGトークンオファリングで 「$OG ファントークン」を購入する必要がある。各$ OGファントークンの価格は、約1米ドルだが、購入時のChiliz ($ CHZ、Socios.com内通貨)の為替レートに応じて変化する。購入したOGファントークンは投票に使っても消費されないため、次回開催される投票時にも利用できる。

ファンは、OGの投票に参加したり、Socios.comを通じてチームと交流したりすることで報酬ポイントを獲得し、イベントチケット、VIPミートアップ、サイン入りジャージを含むOG商品、OGに関連するその他の体験にアクセスできる。

FCバルセロナ、ユベントス、パリサンジェルマンなどの著名なサッカーチームがSocios.comプラットフォームを利用して、世界中のサポーター向けにファントークンを立ち上げている。OGは、Socios.comでトークンを発行した最初のeスポーツパートナーだ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。