2020年09月26日

フォートナイト・チャンピオンシリーズ・インビテーショナル開催、賞金は2億円

先週末に行われたフォートナイト・チャンピオンシリーズ(Fortnite Champion Series)の第2章-シーズン2の終了に続き、Epic Gamesは新たなオンライン招待トーナメントの開催を発表した。ESPORTS INSIDERが伝えた。

フォートナイト・チャンピオンシリーズ・インビテーショナルは、各地域ごとに最大600人のプレイヤーが参加し、全地域で総額200万ドル(約2億1500万円)の賞金が授与される。

Epic Gamesは、7つの競技地域それぞれから最大500人のプレイヤーを招待する。地域はヨーロッパ、北米東、北米西、中東、ブラジル、アジア、オセアニアとなっている。各地域からは、過去のフォートナイト・チャンピオン・シリーズのイベントでの実績に基づいて最大400人のプレイヤーが招待され、さらに100人のプレイヤーがEpicの判断で招待される。

また、各地域ごとに100人のプレイヤーが、公開予選イベントを通じて大会への参加資格を得ることができる。これまでのフォートナイト・チャンピオン・シリーズのデュオ(2人プレイ)形式とは異なり、インビテーショナルでは各プレイヤーが個別に対戦するソロトーナメントとなる。

フォートナイト eスポーツは昨年 7 月の フォートナイト・ワールドカップ以降、大規模なショーケースイベントは開催していない。しかし、Epic Games はそれ以来、地域、プラットフォーム、フォーマットを問わず、オンライントーナメントに継続的に資金を提供してきた。

Esports Earnings によると、フォートナイトの大会ではこれまでに 8510 万ドル以上の資金を提供しており、Dota 2、カウンターストライク:グローバルオフェンシブ(Counter-Strike:Global Offensive、CS:GO)に次いで 3 位の規模となっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。