2021年09月21日

CoDモダン・ウォーフェアとウォーゾーン、2020年に最も収益をあげたゲームに

SuperData Researchの新しいレポートによると、『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』と『ウォーゾーン』を合わせると、2020年に20億ドル近くの収益を上げたことが明らかになった。DOT ESPORTSが伝えた

この数字は、2020年のプレミアムタイトルの売上高ランキングでコール オブ デューティが首位に躍り出たことを示している。SuperDataによると、モダン・ウォーフェアとウォーゾーンのCoDコンボは19億1000万ドルを稼ぎ出し、2位のFIFA 20の10億8000万ドルを大きく引き離した。

コール オブ デューティの季節限定モデルへの移行は、頻繁に更新され、コスメティクスで満たされたゲーム内のストアを持つことで、明らかにうまくいっている。以前、Activisionは季節ごとのDLCパックを15ドルや20ドルで販売していた。しかし今では、数日おきに何か新しいものがストアに入ってくることがほとんどだ。

ウォーゾーンがシリーズ初のフリープレイのバトルロワイヤルゲームであることから、CoDの人気は2020年に爆発的に高まった。

SuperDataはは次のように説明している。
「『コール オブ デューティ モダン・ウォーフェア』は2020年の最高収益プレミアムゲームになりました。ゲームは3月に無料で遊べるウォーゾーンバトルロワイヤルモードのリリースでハイブリッドなビジネスモデルに移行し、参入障壁が低くなったことでプレイヤー数が急増しました。これらの新規プレイヤーの多くは、ゲーム内コンテンツを購入しただけでなく、ゲーム本編へのアップグレードのためにお金を支払っています。」

2カ月ごとに新しいシーズンが登場し、約10ドルで新しいバトルパスが入手可能。また、プレイヤーはリアルマネーを使ってCoDポイントを購入し、プレイしただけではクリアできなかった場合にはパスをランクアップさせることができる。

ウォーゾーンの開発は、11月10日にリリースされたフランチャイズの最新作 『コール オブ デューティ:ブラックオプス コールドウォー』と並んで2021年まで続く。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。