2021年06月22日

CoDブラックオプスコールドウォー 、PS5では触覚フィードバック利用により全ての銃でトリガーに感度あり

Treyarchは、『コール オブ デューティ ブラックオプス コールドウォー(Call of Duty: Black Ops Cold War)』について、PS5とXboxシリーズXでは、より優れたグラフィックと滑らかなフレームレートを体験できるなどと次世代機での改善点を詳細に説明した。gamesradar+が伝えた。

リードゲームデザイナーのTony Flame氏は、「一般的に、次世代機では、どのプラットフォームを使っていても公平な体験ができるようにしなければなりませんでした。そのため、グラフィックスはより高い忠実度になるでしょう。より優れたグラフィックスカードを持っていれば、より高い解像度で動作し、より高いフレームレートで動作します。」と述べた。

また、クロスジェネレーションのサポートは、「特定の設定による不均衡がないように細心の注意を払っており、あるプラットフォームで利用可能な設定で、ゲームプレイを有利にする可能性のあるものは、例えば、FOVスライダーなど、別のプラットフォームでも利用可能」という。

どの新型ゲーム機でプレイするにしても、グラフィックやパフォーマンスは向上しているが、Treyarchは新型PS5のコントローラーに搭載された技術を最大限に活用している。デュアルセンスの触覚フィードバックは、「実際の武器の引き金の圧力を表すトリガーに感度がある」ことを意味する。これらはすべて、各武器ごとにゲーム内で調整され、これまでにない感覚を銃に与えてくれるものとなっている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。