2020年07月03日

ソニー子会社が中国ビリビリ動画に431億円投資、エンタメ事業で提携も

eスポーツ PCゲーム

中国の若い世代向けオンラインエンターテイメントプラットフォーム「Bilibili」は9日、ソニーの子会社であるソニー・コーポレーション・アメリカと投資契約を締結したとを発表した。ソニーは、1株=23.1071ドルのBilibiliの新規発行株式を約1700万株を引き受けることで、総額約4億ドル(約431億円)を投資した。ソニーはビリビリの発行済株式総数の約4.98%を保有することになった。THE ESPORTS OBSERVERが伝えた

また、ビリビリとソニーは、アニメやモバイルゲームなど中国市場におけるエンターテインメントビジネスの分野での協業を模索している。

ビリビリは、ストリーミングプラットフォームの運営以外にも、リーグ・オブ・レジェンド(League of Legends) プロリーグ(LPL)のBilibili GamingとOverwatch League(OWL)チームのHangzhou Sparkを所有している。さらに、同社はTJ Sportsと、3年間で8億元(122億4000万円)のリーグ・オブ・レジェンド世界選手権の独占放送契約を獲得している。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。