2020年10月20日

eスポーツとは一体なに?初心者も楽しめるeスポーツの遊び方を解説

eスポーツとは一体何?初心者も楽しめるeスポーツの遊び方を解説

世界的に広がりつつあるeスポーツが国内でも流行し始めている今、プロゲーマーやストリーマーという新しい職業で働く人も増えつつあります。

とはいえ、「そもそも、eスポーツってなに?」「はじめてeスポーツに触れる」「ただのゲームとeスポーツって何が違うの?」という方もいるかもしれません。

この記事では、eスポーツとは何かを分かりやすく解説した上で、初心者向けeスポーツの楽しみ方などをご紹介します。

ウェルカムボーナス最大500ドル

eスポーツとは?

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)とは、スポーツとして競技化されたコンピュータゲームこと。簡単にいえば、eスポーツは競技性の高いゲームを指しています。

競技性というポイントから他のユーザーと競い合ったり、チームを組んで他チームと戦ったり、「プレイヤーVSプレイヤー」という仕組みを導入するゲームが大半です。

一言で”eスポーツ”といっても、その中身はさまざまです。「”球技”にバレーボールやテニス」「”陸上競技”に短距離走や走り高跳び」という具合に、”eスポーツ”の中にもジャンルに応じたゲームタイトルが存在します。

たとえば、FPS・TPSにバトロワ要素を組み合わせた「PUBG」や「Apex Legends」。戦略性シューティングとして名高い「CS:GO」や「R6S」。日本で早い段階から浸透していた対戦格闘ゲームの「ストリートファイター」や「鉄拳」シリーズ。また、ソロプレイでも楽しめるカードゲームの「ハースストーン」や「シャドウバース」など。

中でも、「eスポーツを世界に認めさせた」と言われるほど世界的に有名なeスポーツタイトルが「リーグ・オブ・レジェンド(League of legends、lol)」です。

eスポーツを世界に広めた「リーグ・オブ・レジェンド」とは

リーグ・オブ・レジェンドは、世界でもっとも盛り上がりを見せているeスポーツゲームの1つです。

メーカー発表では全世界の月間アクティブユーザー数が1億人を超えており、世界スポーツランキング5位に「リーグ・オブ・レジェンドがeスポーツとしてランクイン」するほど人気を集めています。

その注目度から「ゲームの競技性をスポーツとして認めよう」という働きが進み、2022年 のアジア競技大会ではeスポーツを正式なメダル種目にすることが認められました。

もちろん、eスポーツタイトルはリーグ・オブ・レジェンドだけではありませんので、世界的に競技人口が増え続けることでさらにeスポーツが発展していくと言えるでしょう。

ウェルカムボーナス最大500ドル

eスポーツの楽しみ方

eスポーツのメリットは、パソコンや家庭用ゲーム機さえあればいつでも気楽にトライできるという点です。そんなeスポーツの楽しみ方は主に4つあります。

・実際にeスポーツプレイしてみる
・eスポーツ大会に出場してみる
・eスポーツを観戦してみる
・eスポーツに賭けてみる

eスポーツのそれぞれの楽しみ方を見ていきましょう。

実際にeスポーツをプレイしてみる
eスポーツゲームは気楽にプレイできるため、気になるゲームがあれば実際にプレイしてみましょう。他のプレイヤーや道具、スペースが必要な従来のスポーツに比べ、マッチング機能のあるeスポーツなら時間を問わずにプレイできるメリットがあります。

自身もプレイヤーとなることで、プロのeスポーツ大会を観戦するときに楽しさが倍増するのは間違いないでしょう。

また、多くのeスポーツゲームでは、自分の実力に近いユーザー同士でマッチングするシステムを取り入れています。初心者の人でも初心者同士の実力で自動マッチングするため、安心してゲームをプレイできるのもeスポーツならではです。

eスポーツの大会に出場してみる
「eスポーツをプレイして実力がついてきたかも?」と感じたときは、大会に出場してみるのもeスポーツの楽しみ方の1つです。ユーザー主催のイベント大会のようなものであれば、他ユーザーとの交流のきっかけになったり、モチベーションに繋がったりします。

自信があれば公式大会に出場して優勝を狙ってみるのも良いでしょう。たとえば、2018年に行われたシャドウバースの大会で優勝賞金100万ドル(約1億1千万円)を獲得した日本人プロゲーマーも、その1年前まではアマチュアとして活動している大学生でした。

また、eスポーツの大会に出場するのは選手だけではありません。

たとえばリーグ・オブ・レジェンドでは、実際にゲームをプレイするプレイヤー以外にも、「敵チームの動きや傾向を把握するアナリスト」や、「選手やチーム全体の動きを指導するコーチ」などさまざまな役回りが存在します。

プロゲーマーを支える影の立役者を目指してみるのもeスポーツを楽しむ手段の1つだと言えるでしょう。

eスポーツを観戦してみる
eスポーツの楽しみ方として、実際にプロの試合を観戦するのは外せません。2019年に行われたリーグ・オブ・レジェンドの世界大会決勝戦は、同時視聴者数4400万人超えという実績を残しています。

野球の世界競技人口は3500万人ですので、世界的にeスポーツを観戦するユーザーが激増していることがわかります。

そんなeスポーツの観戦方法はデジタル配信視聴が多くを占めており、各ゲームサイトやTwitch、Youtubeなど多くの動画プラットフォームでeスポーツ大会の配信が無料で行われています。

eスポーツはプレイヤーごとの視点を視聴することもできるため、より臨場感のある観戦が可能です。また、コメント欄に視聴者のメッセージが表示されることで、”みんなでeスポーツを観戦している”感を味わうこともできます。

近年ではVR技術と合体させて、VRの世界でeスポーツの大会を観戦するような仕組みも登場しつつあります。

eスポーツに賭けてみる
eスポーツの観戦にあわせて、オンラインカジノを利用してみるのもポイントです。

近年ではeスポーツに対応したオンラインカジノサイトも登場しつつあります。中でも「カジ旅」ではeスポーツ用のタブが用意されており、大会スケジュールに合わせてeスポーツの勝敗で賭け事をすることが可能です。

カジ旅・eスポーツ

eスポーツの観戦で盛り上がりつつ、勝ち負けを予想することで更に楽しみ方を増やすことができるといえるでしょう。

実際にeスポーツで賭けてみた!

それでは実際にオンラインカジノのカジ旅を使って、eスポーツタイトルで賭けてみましょう。今なら、当サイトから無料登録し、課金すると最大500ドル分無料で遊べる特典付きなのでお得です。

ウェルカムボーナス最大500ドル

今回はeスポーツとして名高いリーグ・オブ・レジェンドの下位リーグを例に出します。

カジ旅・eスポーツベッティング

といっても、手順はとても簡単です。

カジ旅スポーツ

カジ旅の公式サイトを開いたあと、「カジ旅スポーツ」のタブをクリックします。

カジ旅スポーツ・eスポーツ

左のタブから「eスポーツ」を選択します。

カジ旅スポーツ・eスポーツ

すると、近々行われるeスポーツ大会が複数表示されます。ゲームタイトルや大会の種別ごとによって変わるため、賭けたいeスポーツ大会をクリックします。

カジ旅スポーツ・リーグオブレジェンド

今回はリーグ・オブ・レジェンドの下位リーグに賭けてみましょう。リーグ・オブ・レジェンドでは「勝つか、負けるか」の2択ですので、どちらのチームが勝つかをベットします。

カジ旅スポーツ・リーグオブレジェンド

今回は勝率の高そうなチームにかけてみます。5ドルをベットして、予想が的中した場合は5.61ドルが帰ってくる計算です。

もちろん大穴を狙うことも可能ですが、eスポーツタイトルをプレイしたり観戦したりすることで得た知識をもとに、安定した勝利を狙いに行くこともできます。

あとは、どちらのチームが勝つか実際に観戦してチェックするだけ。見事予想が的中すれば、ベットしたお金を払い戻してもらうことができます。

また、eスポーツタイトルによっては、勝敗が決まるまでに何ラウンドか試合を行うタイプも存在します。ラウンドごとにベットすることもできるため、ゲームに合わせて戦略方法を変えてみてくださいね。

まとめ

今回は初心者向けeスポーツの楽しみ方として、さまざまな手段をご紹介いたしました。

eスポーツ市場はこれからも成長していくと言われています。eスポーツを実際にプレイすることで、観戦するときの楽しさが増したり、あるいは自分の新しい才能を見出したりするかもしれません。

そんなeスポーツに賭けることで、更に楽しさをアップさせることが可能です。どちらのチームが勝つかを念入りに下調べすることで、もしかしたらアナリストとして活動する道が開く可能性も。

カジ旅は免許を取得し合法的に運営されているため、日本人がインターネットを介してカジ旅をプレイしても問題ありません。さらに、今ならカジ旅に無料登録をすると最大500ドル分のボーナスが付与される特典付きです。

課金額に応じて付与される最大500ドルのボーナスと人気スロットStarburstのフリースピン100回転のウェルカムオファーを利用すれば、最初から軍資金を有効活用することができます。

この機会にぜひカジ旅を利用して、eスポーツを余すことなく楽しみましょう!

ウェルカムボーナス最大500ドル

カジ旅公式サイトへ

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。