2023年01月29日

サウスカロライナ州、カジノとスポーツベッティング法案を再提出

米サウスカロライナ州で、J. Todd Rutherford (D-Richland) 議員が、カジノとスポーツベッティングに関する法案をプレ提出した。議会は再びゲーミング法案の検討に入る。Casino.orgが伝えた

H 3095 共同決議案は憲法修正案で、最終的に州内でカジノゲーミングとスポーツ賭博が稼動するための土台を提供する可能性がある。

サウスカロライナ州でのスポーツ賭博を合法化する法案は昨年、下院を通過したが、上院では否決された。ラザフォード議員が2023年の議会開始前に修正案を提出したことで、政策立案者がこの法案を検討する時間が増え、成功の確率が高まるという楽観的な見方がある。

ラザフォード議員は下院の少数党党首であり、一度却下された修正案では超党派の支持も期待される。

昨年、ラザフォードは下院議員ウィリアム・ハーバースマン(R)と共に下院法案5277(HB 5277)を共同提案した。サウスカロライナ州の住民が暗号通貨でスポーツ賭博口座に資金を入金することを許可するというものだった。

スポーツ賭博に加え、ラザフォードの修正案は、サウスカロライナ州でこれまで反対されていた競馬とカジノゲーミングへの道を開く可能性がある。サウスカロライナ州では昨年、超党派でパリミューチュエル法案が提出されたが、すぐに否決された。

修正案によると、「州議会は、州内の特定の地域において、競馬のパリミューチュエルベッティング、プロスポーツのスポーツベッティング、カードゲームやダイスゲームなどのカジノ活動、電子機器やゲームテーブルを使用したチャンスゲームなど、賭けを行うギャンブルやゲームの実施を法律で規定することができる」(第16条)とある。

ラザフォード氏の修正案は、プロスポーツの賭博について明確に言及しているが、大学スポーツについては一切言及していない。同州では、クレムソン大学やサウスカロライナ大学といった大学スポーツに多くのスポーツファンがついている。

修正案は税金については触れていないが、前述のHB5277では、サウスカロライナ州のスポーツベッティングの収益は調整後総額の10%(ほぼ全米平均並み)で課税され、運営者は年間50万ドルの手数料を支払うことが義務づけられていた。

シェアする