2020年10月01日

リーグ・オブ・レジェンド 新チャンピオン・サミーラ、9月16日リリース

サミーラ

Riot Gamesは1日、危険でユニークなリーグ・オブ・レジェンド の新チャンピオン・サミーラ(Samira)は、パッチ10.19で9月16日にリリースされると発表した。これは、8月6日にサモナーズリフトに登場したヤスオの兄ヨネがリリースされてからちょうど1カ月後になる。DOT ESPORTSが同日伝えた

別名「砂漠の薔薇」のサミーラは、期待のリーグ151人目のチャンピオンだ。彼女のパッシブであるデアデビルインパルスには、スタイルレーティングシステムを備えた非常に多様なキットがあり、彼女のアルティメットアビリティであるインフェルノトリガーと直接相互作用する。

200年のゲームデザインはそれだけでは終わらない。彼女はWのAoEアビリティ「ブレードワール」を持っており、入ってくるミサイルを全て破壊する。クールダウンが長いとはいえ、このアビリティは近接攻撃の相手、特にボットレーンでは非常に役に立つだろう。

一方で、彼女の魔法ダメージの出力には疑問がある。彼女のE、ワイルドラッシュは剣を使って相手にヒットした場合、パッシブと同時に魔法ダメージを与える。しかし、彼女は攻撃ダメージに比例して大きくなるだろう。

サミーラのギャップクローザーと、EとWのセーフガードアビリティを考えると、ボットレーンでは恐れられるだろう。

今月末にサモナーズリフトに参加した時、このユニークなチャンピオンがどこまでいけるのか見届けよう。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。