2023年01月29日

23年からスポーツ賭博解禁のオハイオ州、 NY州を上回るオンライン取引が発生

23年1月1日からスポーツベッティングが合法化されたオハイオ州で、週末の2日間で78万4000アカウントが作成され、1130万件のポーツベッティング取引がオンラインで行われたことがわかった。World Casino Newsが伝えた

米国のiGaming業界向けジオロケーションと不正防止ソリューション大手企業GeoComplyによると、オハイオ州で今年最初の週末に1130万件のジオロケーション・トランザクションを記録した。これは、オハイオ州よりも人口が約800万人多いニューヨーク州を含め同社が監視している他のどの州よりも多かった。

1月1日にオハイオ州で合法的なスポーツベッティングが開始され、その後の2日間で約78万4000のユニークアカウントが作成された。
元旦の最初の1時間に16のオンライン・スポーツブック・オペレーターと23万4000のジオロケーション・トランザクションが関与するベッティング活動が行われた。

同社のコンプライアンス担当上級副社長であるLindsay Slader氏は、次のように述べた。
「我々は、規制されたオンラインスポーツベッティングの分野に別の州を迎えることに興奮を覚えます。予想通り、オハイオ州の住民は、カレンダーが2023年に切り替わった瞬間に熱狂的に市場を迎えました。
現在、アメリカの人口の約44%が、合法的で責任ある事業者とオンラインで賭けることができます。オハイオ州で規制されたオンライン・スポーツ・ベッティングが開始されれば、責任あるギャンブルへの取り組みが強化され、重要な州プログラムのための新たな資金が確保され、市民をより保護することができます。」

シェアする