2020年04月10日

任天堂がBattlefyと提携、大乱闘スマッシュブラザーズの北米アマチュア大会開催!

eスポーツ

トーナメントプラットフォームBattlefyは、任天堂アメリカと提携して、大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIALのアマチュア大会を開催する。オンライントーナメントは、2月29日から2日間にわたって、米国、カナダ、メキシコ在住のプレーヤーを対象に実施される。イベントのトップパフォーマーのうち上位4人は、フロリダ州オーランドで開催されるCEOドリームランド2020に参加するための、補償付き旅行パッケージが授与される。ESPORTS INSIDERが18日伝えた

パートナーシップに基づき、任天堂はBattlefyのスーパースマッシュブラザーズトーナメントの公式チャンネルでのプロモーションを支援するとともに、年間を通して旅費や賞品を工面する。 Battlefyは、セットアップ、マッチメイキング、一般的な管理を含むトーナメントのオペレーションすべての側面を処理する。

BattlefyのゼネラルマネージャーであるYohan Sengamalay氏は、次のように語った。
「昨年からの任天堂とのパートナーシップは、より広範なコミュニティのために大手開発元と構築されたeスポーツサーキットの好例です。私たちの目標は、北米の誰もがEVOやGenesis 7などの最大のライブイベントにアクセスできる機会と競争できるオープンなオンラインシリーズを作成することです。スーパースマッシュブラザーズ・オープン2020の未来に非常に興奮しています」

Battlefyは昨年、EVO、The Big House、Genesis 6を含む6つのイベントで公式の任天堂大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALサーキットを開催した。北米予選では、それらのプラットフォームで6500人以上が参加した。

伝統的にeスポーツに距離を置いている任天堂ではあるが、このパートナーシップは、任天堂が競争力のあるセクターを認めることへのさらなるコミットメントを示している。 任天堂アメリカは1月、Genesis 7を後援している。

Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。