2020年07月10日

ミシュランガイド香港マカオ2020発表、マカオの星獲得レストランはほぼIR内に

マカオ macau

「ミシュランガイド香港マカオ2020」の授賞式が17日、マカオのグランドハイアットで発表された。マカオで星を獲得したレストランの数は20店で、うち19店が「シティ・オブ・ドリームズ マカオ」や「ウィンパレス」などIR施設内にあるレストランだった。マカオ新聞など複数のメディアが伝えた。

マカオで3つ星を獲得したのは、シティ・オブ・ドリームズ マカオ内の「ジェード・ドラゴン(広東料理)」、グランドリスボア内の「ロブション・オ・ドーム(コンテンポラリーフレンチ)」、「エイト(中国料理)」の3店舗。

2つ星を獲得したのは、モーフィアス内の「アラン・デュカス・アット・モーフィアス(コンテンポラリーフレンチ)」、シティ・オブ・ドリームズ マカオ内の「ザ・テイスティングルーム(コンテンポラリーフレンチ)」、スターワールドホテル内の「風味居(湖南・四川料理)」、ウィン・マカオ内の「ゴールデン・フラワー(中国料理)」「泓(日本料理)」「永利軒(広東料理)」、ウィン・パレス内の「川江月(四川料理)」の7店舗。

1つ星を獲得したのは、ギャラクシーマカオ内の「麗軒(広東料理)」「オット・エ・メッツォ・ボンバーナ(イタリアン)」、スタジオ・シティ内「パールドラゴン(広東料理)」、シティ・オブ・ドリームズ マカオ内「Shinji by Kanesaka(寿司)」、ヴェネチアンマカオ内の「ザ・ゴールデン・ピーコック(インド料理)」、グランドリスボア内の「ザ・キッチン(ステーキハウス)」、ホテルリスボア内の「ティムズ・キッチン(広東料理)」、アルティラマカオ内の「帝影樓(広東料理)」、フォーシーズンホテルマカオ内の「紫逸軒(広東料理)」、そしてIR以外で唯一星を獲得したAIAタワー内の「帝皇樓(広東料理)」の10店舗。

米IR事業者ウィン・リゾーツが運営するウィン・パレスの川江月は、初めての登場で2つ星を獲得。また、ウィン・マカオの永利軒も昨年から星を1つ増やし2つ星となった。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。