2021年09月22日

マリーナベイ・サンズ、コロナ下でも集会できる複合現実(MR)スタジオ発表

コロナウイルスが流行する中、シンガポールのカジノ含む統合型リゾート施設(IR)マリーナベイ・サンズは、遠隔地からの参加者をコンベンションに統合するための複合現実(MR)スタジオを発表した。このようなMRスタジオはパンデミック期間中やその後、MICE(展示会や国際会議など)業界の定番となると思われる。casino.orgが伝えた

サンズのMR技術は、サンズ・エキスポ&コンベンションセンターのハイブリッド放送スタジオで稼働する。このスペースには、没入感のある背景を備えた3次元スタジオステージがある。

サンズによると、MRスペースを最大限に活用できるように、技術に精通したコンベンション従業員がMICE主催者やビジネスエグゼクティブと協力する準備ができているという。

サンズは、MRスタジオのためにどのような投資を行ったのか、また施設のレンタル費用はいくらなのかを明らかにしていない。このスペースはすでに、TravelRevive、WiT Experience Week、Singapore International Energy Weekなど、いくつかのMICEバーチャルイベントで使用されている。

MICEは統合型リゾートビジネスの重要な要素。巨大カジノやホテルの複合施設は、大規模なコンベンションやミーティングを満室にしたり、ゲームフロアを埋めるために利用されている。しかし、MICEはコロナウイルスの流行した2020年には基本的に使われなくなっている。

その間に暫定的に小規模なMICEイベントを誘致し、コロナウイルスの危機から世界が脱出した後の大規模な集会に備えるために、マリーナベイ・サンズはMRを使った新しいサービスを開始する。

マリーナベイ・サンズの上級副社長ポール・タウン氏は次のように説明している。
「デジタルモード、ホログラム機能、そして今回のMRを使用して、お客様がハイブリッド領域への移行を成功させるための包括的なプラットフォームを提供していきます。 これにより、代表者のエンゲージメントがさらに向上し、コンテンツやアイデアの創出が促進されます。サンズのMRは、ハイブリッドなトレードショーとして、仮想世界と物理世界を統合し、没入感のあるインタラクティブな領域を作り出します。カジノリゾートは、リゾートのコンベンションセンターにいる物理的な参加者と遠隔地から参加する参加者の両方が、より有意義でインタラクティブな方法で一体化できます。」

マリーナベイ・サンズは、IR分野のゴールドスタンダードと言われている。この数十億ドル規模の複合施設は、カジノとホテルをはるかに超えている。リゾートのゲーミングフロアは16万平方フィートで、610台のテーブルゲームと2690台のスロットマシンを備えている。コンベンションスペースは120万平方フィートある。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。