2020年09月30日

ロンドナー・マカオへの改装、コロナでも予定通り9月完了見込み

サンズ・チャイナ社長のWilfred Wong氏によると、サンズ・コタイ・セントラルを13億5000万ドル(約1億5000万円)を投じて英国をテーマにしたロンドナー・マカオに改装する計画の第一フェーズは、コロナウイルスの影響を受けることなく、9月までに完了する予定だ。GGR Asiaが29日伝えた

ローンチの際にどの設備を一般公開するかは、マカオへへの入境者の人数によって決まるという。プロジェクトは昨年開始され、旧ホリデイ・イン・マカオ・コタイ・セントラルは「ロンドナーホテル」というブランド名で改築され始めた。

Wilfred Wong氏は次のように語った。
「パンデミックの間も、私たちは建設ペースを落としていません。現在はゲストが少ないため、実際に建設のペースを速めることができます。投資面でも減速はありません。つまり、ロンドナー・マカオ全体の進捗状況は、私たちが計画したとおりです。そして、以前にも触れたように、2020年から2021年にかけて段階的にローンチされる予定です。ロンドナー・マカオのカジノは9月頃に完了するはずです。ホテルの部屋は、カジノに合わせて準備する必要があり、ロンドナー・マカオは約600室のスイートを備えた全室スイートホテルになる予定です。」

コロナウイルスのパンデミックにより、マカオ市や世界の観光は旅行制限に直面している。マカオの最高経営責任者である賀一誠氏は先週、地元メディアに対し、7月に香港と広東省との地域間の都市間旅行規制が緩和されるという「良いニュース」を伝えられるかどうかを見守っていると述べた。

サンズ・チャイナ社長のWilfred Wong氏は、マカオと近隣諸国間の旅行緩和についても、近いうちに良いニュースがあることを期待していると述べた。旅行制限はすでにサンズ・チャイナのフォーシーズンズ・マカオのグランドスイートの正式な立ち上げに影響を与えている。当初は今四半期中に予定されていた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。