2020年10月27日

インターナショナル・エンターテインメント、マニラのカジノ閉鎖で20年度は41億円の損失

philippines

香港のインターナショナル・エンターテインメント・コープ(IEC)は、2020年6月30日までの1年間に3億530万香港ドル(約41億5300万円)の損失を報告しました。ニューコースト・ホテル・マニラの閉鎖の影響を大きく受けたことが原因だった。Inside Asian Gamingが伝えた

IECは、ニューコースト・ホテルのスペースをフィリピンのゲームレギュレーターPAGCORにゲームオペレーション用にリースしているが、ロドリゴ・ドゥテルテ大統領によるルソン島全体のコミュニティ検疫命令の実施に伴い、この施設は3月15日に閉鎖された。最近では一部のマニラのカジノが収容能力の30%の容量で営業を再開できるようになったが、ニューコースト・ホテルはまだ完全に再開されていない。

24日に発表されたIECの20年度の決算報告によると、ニューコースト・ホテルのリースから得られた収益は、前年比38.7%減少し、1億4070万香港ドルだった。客室の売上、飲食代、ホテルのサービス収入など、ホテルの運営収入は42.0%減少し、8200万香港ドルだった。

IECは今週、ホテルを統合リゾート(IR)に変えるためのPAGCORからの暫定ライセンスの発行について条件付きの承認を受けた。ただし、承認の完全な条件はまだ交渉中だ。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。