2020年10月29日

韓国カジノGKL、9月の売上高は76%減

korea casino

韓国観光公社傘下で、「セブンラック」ブランドのカジノをソウルで2カ所、釜山で1カ所運営するグランド・コリア・レジャー(GKL)の9月の売上高は、前年同期比76%減の94億ウォン()だったと発表した。Asia Gaming Briefが伝えた

ソウル・ヒルトン・カジノは74%減の53億ウォンでGKLのカジノの中で最高の成績を収めた。ソウル江南カジノは75%減の31億ウォン、釜山ロッテカジノは87%減の9億5400万ウォンだった。

GKLの3つのカジノには、9月に3万人以上の外国人客が訪れたが、その中で中国人が最も多く、全体の3分の2を占めた。

GKLは、コロナウイルスの影響で、3月から5月にかけてカジノの運営を完全に停止し、苦戦が続いている。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。