2022年12月06日

カンボジアと中国、オンカジ詐欺阻止で連携強化へ

カンボジアと中国は、オンラインギャンブルと通信詐欺を阻止するための連携を改善し、強化することに合意した。World Casino Newsが伝えた

過去数年間、カンボジアはサイバー犯罪の巣窟となり、中国の人身売買組織はアジアのあらゆる国から無防備な人々を誘い出し、犯罪組織、特に違法賭博に関連した業務で働かせるように仕向けている。

共同声明では次のように書いている。
、「法執行機関の協力は、人身売買、オンライン賭博、通信詐欺および関連する凶悪犯罪の撲滅に重点を置き、能力開発および情報交換におけるより緊密な協力によって促進される」

サイバー犯罪阻止のほか、貿易、インフラプロジェクト、観光、国家間の直行便の増加に関する協力の促進が含まれている。

2020年、カンボジアは国内外のオンラインゲーム事業者に対するオンラインゲームライセンスの発行・更新を正式に停止した。それ以降、金銭を目的とした詐欺行為を明らかにするため、当局は違法オンラインギャンブルサイトへの調査を強化している。同国は、カジノ産業において最大級の認可を受けています。、2022年にゲーミングライセンスの更新に成功したのは171のカジノ事業者のうち87社のみだ。

シェアする