2020年09月20日

オンラインポーカー大手888、4月のアクティブプレイヤー数が60%増加

888ポーカーをはじめ、複数のギャンブル店舗を運営する888ホールディングスは、米国でのトラフィックが大幅に増加したと明らかにした。888が発表したデータによると、アクティブプレイヤーの数は前年比で60%増加しているという。GAMBLING NEWSが27日伝えた

888 ホールディングスの商業開発責任者であるYaniv Sherman氏はこの数字について、同社の米国ポーカープラットフォーム上で「デイリーポーカーのアクティブプレイヤーが増加している」と説明した。

具体的には、米国内で複数の規制されたポーカー市場をカバーするインターステート・ポーカー・ネットワークがトラフィックの恩恵を受けているという。また、Sherman氏は、同社のグローバルなポーカーネットワークについてもコメントし、ここ数カ月でプレイヤーがよりアクティブになっていることを確認した。

「我々のグローバルなポーカーネットワークでも同様の傾向になっており、これは人々が自宅に避難しながら楽しんでいるレクリエーション目的地になっている証です」

かつて米国では、PokerStars、Cereus、Absolute Poker、Full Tilt Pokerが違法インターネット賭博執行法 (UIGEA)に違反していたとの判決が下された後、ポーカーは黒い羊として非合法化されていたが、事実上、主流に戻りつつある。

久しぶりにポーカーが成長
しかし、888ポーカーの製品は好調に推移している。2011年以降、デラウェア州、ネバダ州、ニュージャージー州では、オンラインポーカーの実施や賞金プールを認める独立法の制定が急がれている。

同社はこの3つの市場で事業を展開しており、最近ではペンシルバニア州でも事業を展開している。888は世界で最も権威のあるポーカーイベントであるWorld Series of Poker (WSOP)を開催しているが、ネバダ州のロックダウンの影響で2020年の秋に延期されている。

最近の動向についてSherman氏は、久しぶりにポーカーネットワークが拡大し、特に米国での需要が強化されたとコメントしている。

Sherman氏は、プレイヤーが期待するオンライン体験を提供することの重要性を強調した。

「人々がオンライン体験を選ぶことができれば、良いオンライン体験があればそれをするでしょう。人々は時間に余裕があり、やるべきことを探しています。皮肉なことに、ポーカーは今ではスポーツギャンブルよりもタブー視されています。しかし同時に、賭け事は今やエンターテイメントであるため、それを可能にする法律が成立しやすくなっています」

888ポーカーには新規顧客を獲得するチャンスがあり、その方法を知っているようだ。Sherman氏は、初心者プレイヤーに最高の体験を提供し、プラットフォーム上での地位を確立させることを目指していると述べた。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。