2020年10月20日

オンラインカジノ1xBet、グローバル・ゲーミング・アワードの最終候補者に

オンラインカジノの1xBetは、グローバル・ゲーミング・アワードの「デジタルプロダクト・オブ・ザ・イヤー」部門で最終候補者に選ばれた。1xGamesの開発が評価された。Asia Gaming Briefが9日伝えた

優勝者は、10月5日にラスベガスで開催される特別式典で発表される。世界最大手企業のトップマネージャーを含むギャンブル業界の代表者100人で構成される審査員が審査する。

グローバル・ゲーミング・アワードは7年前から開催されており、ゲーミング業界の主要な賞の一つとされている。

1xBetの担当者は「当社のデジタル製品は、世界的に有名なブックメーカーの製品と競合しており、このライバル心が1xGamesチーム全体のモチベーションを高めています。結局のところ、最高のものと競争することによってのみ、可能な限り最高のレベルに到達することができ、このような状況での成功は特に楽しいものになります。」と述べた。

1xBetは2007年に設立され、同社が開発したオンラインゲームは100以上にのぼる。

シェアする
Marie Okamoto

東南アジアで記者経験をした後、日本に帰国。現在はTheDiceのコンテンツプロデューサーとして、海外のニュースを中心に配信。