2022年12月06日
casino

ブルームベリー、22年3Qの利益は15億6000万ペソ、GGRは前年同期比2倍

フィリピンのカジノ運営ブルームベリー・リゾートは、2022年7月1日〜9月30日までの3ヶ月間の純利益は15億6000万ペソだったと発表した。GGR Asiaが伝えた

ブルームベリーの22年第3四半期純収益は、第2四半期の横ばいの100億6000万ペソだった。また、今年第3四半期の純収益は96.4%増となった。

22年第3四半期のゲーム総収入は、前年同期比88.6%増の133億7000万ペソだった。連結EBITDA(金利・税金・減価償却費控除前利益)は36億5000万ペソで、前年同期の9億1000万ペソから大幅に増加した。

ブルームベリー・リゾーツは次のように述べた。
「すべてのセグメントで成長が見られたのは、Covid-19に関連した、国内およびアジア地域内における移動の容易さと旅行制限の減少に支えられた、強い国内需要によるものです。VIP、マステーブル、電子ゲーム機のGGRは47億ペソ、44億ペソ、43億ペソで、それぞれ前年比136パーセント、61パーセント、81パーセントの増加でした」

ブルームベリー・リゾーツは、韓国の済州島でカジノ施設も運営している。同社によると、2020年3月以降、同社のカジノ「Jeju Sun」のゲーム運営は停止している。

シェアする