2019年12月09日

アストロ・ゲーミングとGears eスポーツが提携延長

ゲームオーディオ機器プロバイダーのAstro Gaming(アストロ・ゲーミング)とシューティングゲーム「Gears of War(ギアーズ・オブ・ウォー)」は、2019-2020シーズンもeスポーツにおける提携を継続することがわかった。ESPORTS INSIDERが2日伝えた

アストロ・ゲーミングは、2020年を通しギアーズ・オブ・ウォーのトーナメントの公式オーディオパートナーとなる。オーディオ機器の提供、賞金プールへの貢献、独自リーグの立ち上げなどをする。

両者の提携は18年9月の「ギアーズプロサーキット サンディエゴオープン」で始まり、18-19年のシーズンを通じて継続されてきた。

ギアーズ・オブ・ウォーのアルティメットエディション開発元のThe Coalition(ザ・コアリション)のコミュニケーションディレクターであるダナ・シソンズ氏は、提携の延長について「アストロ・ゲーミングはGears eスポーツの歴代のシーズンで素晴らしいパートナーでした。Gears 5でも提携できて嬉しいです。我々のイベントで、アストロ・ゲーミングのオーディオ機器と専門知識を動員できるだけでなく、すべてのコンテンツシリーズでその恩恵を受けられます」
と述べている。

Gearsの主たる4つのトーナメントでは、アストロ・ゲーミングが新しくリリースしたオーディオシステム「Astro TR Main Stage」を使用する予定。新機器はノイズを遮断することで、プレイヤーがゲームに集中できるようになっている。また、アストロ・ゲーミングは、Gears 5の公式メジャーと並行して独自のリーグを開始する計画で、賞金プール2万ドル(約218万円)を準備するという。

アストロ・ゲーミングのグローバルeスポーツのトップであるコール・ ラブレディ氏は次のようにコメントしている。「マイクロソフト、The Coalition、Gears of Warとのパートナーシップを継続できることを嬉しく思います。コミュニティにプレミアムなオーディオエクスペリエンスを提供し、現金を獲得するためのエキサイティングな新しい道を作ることで、意欲的なアスリートは新しいチームメイトを見つけることも、Gears eスポーツでキャリアを積むこともできます」

シェアする